月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『干物作り』

2018年4月25日(水曜日)
愛一朗@月光荘京都・八雲食堂

作れるものは何でも作ってみる八雲食堂とカドヤ。

毎年、麹をおこしたり、冬場の味噌や醤油の仕込み、6月の梅酒作りや梅干しなどの梅仕事、

同じく6月のらっきょ漬け、カドヤの塩作り、燻製などなど、失敗を繰り返しつつ日々遊びながら色々作っています。

そしてこれから八雲食堂で作っていきたいのが『干物』 

img51218891.jpg

そう、酒の肴にもご飯のおかずにもピッタリなあの干物です。

ということで八雲食堂の夜のつまみや定食のおかずに向けて干物作り開始!

29196335_1241393719324018_3529511962444562432_n.jpg

干物作りも鮮度が命!

市場で仕入れた新鮮な魚を新鮮なままに捌いて洗って丁寧に綺麗にしていきます。

29214221_1241393709324019_4594838485222817792_n.jpg

干物は燻製にも適しているので夢広がりますねー、、

さて捌いて綺麗になった魚を今度は塩漬けに!

29136942_1241393642657359_8386020020211154944_n.jpg

塩水を作ってそこに1時間〜数時間(物によって塩分も時間も変える)漬け込みます。

29178077_1241393625990694_3388310308383621120_n.jpg

そして八雲食堂裏手のガレージへ。

ここは麹なども作る京都月光荘の物作り、仕込みのエリア。

干物用に扇風機も設置済み!

29244062_1241393645990692_7570813181363224576_n.jpg

網の中に塩漬けした魚を置いて乾燥!

29176712_1241393635990693_954048567293509632_n.jpg

できれば夜などの涼しい時間に扇風機で風を当てながら乾燥させていく、、、

一夜干せばバッチリ干物の完成です!

s_0n85.jpg

完成したら後はバッチリ食べるだけ! 焼いて美味し!

これだけでも長持ちするし、ここから燻製しても良いですね!

八雲定食や、つまみメニューに登場するので乞うご期待!