月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『船の上の跳んだヒト』

2017年10月 7日(土曜日)
雨柊@月光荘宜蘭(台湾)

今回の台湾ツアーの最大の目的地
『南吼音樂季』
その会場で1人の男に出会った

物販ブースでこっそり泡盛をはじめていると
異様なオーラをまとったおじさんが目に入って
かれは笑顔をたたえながら近づいて来た

泡盛をすすめると喜んで受け取った
長い間、特定の家を持たず暮らしているそうで
いまは近くの港の廃船に住んでいるのだとか

akun.jpg
なんか妙に気があってしばらく飲みながら話す

実はおれよりちょっと上の歳なんだとか
国立谷保の『かけ込み亭』に行ったことがあるだとか
共通の知り合いがいたとか
驚きの事実が!
まぁ今さら、驚くこともないのかも知れんが

いろいろな選択肢があるように見えるこの現代社会の中で
自分は何者なのかを理解して
その自分を生きるために
あえてシンプルに暮らしているように見える

そんなヤツにまた出会った