月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『手前味噌作り』

2017年2月28日(火曜日)
愛一朗@カドヤ

 鞍馬口通りを月光荘、カドヤから西へしばらく行った先。

金閣寺にでる手前にある市場的食堂『木洞商店』

木洞商店の自家製味噌をガッツリ仕込みました。

 

ご飯の定食に付いてくる味噌汁の味噌を手作りでしっかり作る。

材料は大豆、米麹、塩、水

これだけ。

16865186_1003384859791573_5579229564993455585_n.jpg

大豆を24時間くらいしっかり水に浸けてそこから8時間ほど煮る。

17022492_1003384883124904_5618921376661932604_n.jpg

そうして柔らかくなった大豆をガンガン潰してペースト状に。

17022189_1003384726458253_8246470506953796192_n.jpg

それを塩きり(塩と麹を合わせること)した麹と混ぜ合わせていく。

16998052_1003384699791589_2318202819692806885_n.jpg

それをボール状に丸めて樽に思い切り投げ込む!

16996459_1003384759791583_2667700986488642855_n.jpg

空気を抜きながら日頃の鬱憤を込めて樽の底にバシバシと投げ込む。

そして袋を二重にしめて重石をのっけて完成!

17021896_1004106883052704_5786233108015008306_n.jpg

3ヶ月後、半年後に天地返し。

寒い時期からゆっくり発酵をはじめて、夏を越えた味噌は格別です。

手作りは大変ですが、ちゃんと作ったものはちゃんと美味いし大事に使うのでそれは料理にも反映されます。

もちろん木洞商店のみならず八雲食堂も味噌を毎年仕込んでいますよ!

うちらの手前味噌。

是非ご賞味あれ!