月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『ありそうもない世界』

2014年6月 6日(金曜日)
雨柊@岡山・月見山

花見前から山にこもって
なにかに取り憑かれたような状態が2ヶ月以上
人と話すこともたまにで
飲み相手が欲しくなる夜もあるけど
タマシイの自由にどっぷり浸って

ここにいると
いままで縛られてきたものに気づく
そう、社会の中で生きて行くには
確かに、それらも必要だったんだろう

でも、
社会の一員としての義務だけ果たして
去って行く、でいいのか?

♬ありそうもない世界に
この世界を去る間際に気づく
人もある
『蜂須賀に捧ぐ』より

蜂須賀の言っていたことが
いまさらながらストンと
腑に落ちる感じ

沖縄で月光荘を始めたとき
社会に対する違和感を自分なりに表現したつもりだが
今回この月見山でも
この違和感をじっくり観察しながら
何かを表現できそうな
いい予感が

premium.JPG
酒のせい?