月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『太陽光発電と全自動洗濯機に関する考察』

2014年4月20日(日曜日)
雨柊@岡山・月見山

2大白物家電のひとつ
全自動洗濯機
洗濯物を放り込んでおけば
半時間ほどで脱水までしてくれるこのマシーン
山の景色には全く持って不釣り合いなのだが
そのギャップを楽しむのも一興で

電力会社の送電網に接続しない太陽光発電
一般にオフ・グリッドといわれるが
ソーラーパネルが比較的安くなった今
ボトルネックになるのはバッテリーの容量で
21世紀になってもいまだに半端なく重たい
鉛と危険な薬品を使ったバッテリーがまだ主流で
バッテリーをふんだんに用意するのはちょっと気が引ける

で、晴れてパネルがガンガン発電できているときは
バッテリーが満タンになって電気が余っちゃうんじゃないか?
じゃぁ、余った電気で全自動洗濯機を動かしてもらおうかって

晴れた日は洗濯
昔ながらの結論に

wasshingmachine.jpeg ;
月光荘で調子が悪いからって、引き取ってきた洗濯機
まだ全然いけてるやん!
(水はタンクから給水。洗濯に使う水の量を実感)