月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『「旅の記録とコトダマ」5月沖縄 Fin』

2012年6月12日(火曜日)
ともれっど@月光荘沖縄

 DSCN0804.jpeg

 

 

6月の満月祭のお話

 

場ができて、落ち着きだして、「どっか」が「何か」

「いつも通り」になる瞬間。

 

いつもの「酒瓶」のせい?いつもの「囲炉裏」のせい?

なにより、オーシャンビューの別荘気分だね。

雨でも風でも「ビーチパーティー」ですから。

泡盛は「フツー」の「ジョートー」でも基本のテンション二割増。

やっぱり、外で飲む酒はうまいな。

 

「個人的な至福」の話をすると、今回から

「ガソリン発電機」を卒業して、

「ソーラーバッテリー」がデビュー。

 

またひとつ、「何かからの解放」を感じて遊べるように。

 

________________________________

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0811.jpeg

 

 

月が隠れて、すこしづつ、すこしづつ

空は「闇」(やみ)から「碧」(あお)へ変わってゆく

 

酔いまくって、朦朧(もうろう)の意識と、

解き放たれて、感覚だけの状態になったとき

 

もしかしたら、この神秘の時間にだけ、

あの水平線の向こうに「ニライカナイ」が見えるんじゃないかって

 

「ある時」からずっと、そう思うようになり

 

再びアンプに火を入れて、

この碧い神秘的な「空」と「海」と「今」に

贈りたい「とっておき」の曲をながす

 

はじめて、数年たつ「自分」と「満月」の

たまの、ささやかな楽しみでもある

 

曲を流し、想いに耽り、

水平線を、ただ、ただ、ずっと見つめてる

 

今朝は一羽の鳥がやって来た。

 

そう言ってる間に朝になってきた。

 

 

おはよう

 

今日もここには、朝が来た

 

 

_______________________________________

 

DSCN0812.jpeg

 

「乱波洞」(らっぱどう)っていう。「那覇のいかれたROCK BAR」の定休日を借りて

当時慣れないバンドの練習をしてた。なんか、そんな頃をフラッシュバックさせてくれる満月夜だったな。

 

満月はやっぱり、おもいっきり解放して遊びたいね

いろいろ思い出させてくれた仲間達に感謝。

 

「午前二時のサンタクロース」 THANK YOU! PUSSYS!  

 

「約束の浜」から「空港」までの

「旅の終着駅」に書かれてた

 

WORLD MASSAGE 

 

@市松屋

 

 

__________________________________________

  DSCN0813.jpg

 

See you NEXT  Week!

 

tomored