月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『旅の終着点』

2011年11月17日(木曜日)
雨柊@岡山・月見山

去年の年末から始まった田んぼ再生プロジェクト。刈り取りも終了していよいよ最終章。残るは脱穀(稲穂からモミだけを取り出す)・モミスリ(モミからモミガラを取り去って玄米にする)。

が、どうやって?

soyofuku-nouen.jpg
で、近所で自然農をやっている友達のところへ。稲刈りやらなんやらで手伝ってもらっている心強い仲間。

と、レトロな器械たちに出くわすことになる。

inekoki2.jpg
まずは、イネコキ。かなりの年季もので。

inekoki.jpg
足踏みミシンの要領でたくさんの突起がついている円筒を回して、そこに稲穂を突っ込んでモミをはずす装置。

 

toumi1.jpg
で、トーミ。昭和のにおいがプンプンしてる。

toumi.jpg
右のハンドルで風車を回して、風の力で、モミとガラを選別する装置。実の詰まったいいお米は手前の口から、くず米は左の口から、ガラは向こうへ飛んで行くという寸法。

momisuri.jpg
最後のモミスリは、電気仕掛けの装置に頼って。

genmai.jpg
玄米のもち米が完成。おおよそ1年間。いろいろと教えられることの多い旅でした。

この米を引っさげて、沖縄の物産展に乗り込むんでよろしく。
ガンガン餅つこう!