月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『♫もう止められない旅の始まりさぁ』

2011年5月26日(木曜日)
雨柊@岡山・月見山

ムーンリングス・ツアーもいよいよ最後の最後で
解散前にみんなで記念撮影
kaisan.jpg
と、思いきや
そこにはもう次の流れが

みんなを送り出してやれやれという間もなく
長野は大町から急遽かけつけてくれた「縄文」メンバー
音楽をしつつ宿的空間を作っている彼らと
京都の友達「してん」のはたらく茅葺き屋根の工事現場へ
kayabuki.jpg
最近京都界隈でよく話に上がる茅葺き業界
月光荘かいわいのフーテンたちがこの業界にひろわれて社会復帰をなんとか果たしてるのをこの何年か見て来たけれど「してん」もそのひとりで

かるく見学&飲み会のつもりで押し掛けたんだけど
現場の職人さんが親方に電話してくれて「てったい」として雇ってもらう事に

汗を流して
その夜は用意してもらった民宿での宴minshuku.jpg
なかなかないこのシチュエーションにパチリ

そういえば、こんな風に働いてギャラをもらって帰るなんてしばらくなかったなぁと
現金でもらった日当が妙に新鮮で
これからも茅葺き業界ともつき合って行きそうな予感で

ところで
シンクロニシティについて大声で語るのはあまり好きじゃぁないんだけれど
今回たまたま選んで持って行ったあわもりの銘柄が「南光」
で、今回の現場の地区の名前も「南光」で
nankou.jpg
ムーンリングスが岡山に着いたその日に現場に入った「してん」から電話があって
「縄文」のギターの「たくや」も地元で茅葺きの仕事をしてて
んで、遊びに行く事になった訳で
今回の旅を締めくくるにふさわしいおまけの1泊旅行だったかなぁと

7月のはじめ、「縄文」メンバーとともに沖縄ツアー
満月は彼らの場所、大町で
その流れで高山の「バグース祭り」へと

いちど臨界点を超えてしまった旅は次々と連鎖反応を起こして制御不能に