月光荘-沖縄・京都・高山・岡山-ここから旅は始まる

航海日誌(キオク ノ カケラ)


『穀雨』

2011年4月27日(水曜日)
雨柊@岡山・月見山

田んぼをしよう!って、年末から、荒れ果てた田んぼを手入れしてきたんだけれど、なんとかモミを降ろす日をむかえられて

momi.jpg
近所のパイポン畑から分けてもらった種モミ

おおよそ1反に普通のお米と、もち米を半々で(毎月の餅つきも安心)
300キロぐらい穫れないかと皮算用

田んぼに直接モミを蒔いて、2ヶ月後の田植えに移植するやり方で
去年から米を作り出した一年先輩の「だいぞう」夫妻のご指導と協力でなんとかできたかな?
daizo.jpg
飛び抜けた酔っぱらいのイメージの彼も、昼間のパパはひかってる、ってかんじで

なんだかんだで、夕暮れまでかかってなんとか終わらせて山の家「月見山」へ
原子力発電所の事故以来、なるべく外で過ごすのを控えるようにって意見もあるようだけど、なぜか山での焚き火暮らしの日々で

今夜はどあほうの同級生「あさやん」が阿蘇でのカヤ刈りの帰りにうちの焚き火を訪ねてくれて、つかれた体に、酒が沁みるって
asayan.jpg
いい年こいて、焚き火でバカ話
ふたりともやっぱり島ぞうりで

明日は雨予報